G-99LWYSHS72 【三代純歌】仲本工事の嫁はどんな人?夫婦生活はどうなっていたの?

【三代純歌】仲本工事の嫁はどんな人?夫婦生活はどうなっていたの?

仲本工事純歌

仲本工事さんの27歳年下の奥様で、

演歌歌手の三代純歌さんについてまとめていきたいと思います。

仲本工事さんが亡くなられる少し前に、仲本工事さんと三代純歌さんの意外な夫婦生活において話題になっておりましたが、

そこんところの詳細についても掘り下げていきたいと思います!

仲本工事さんの嫁はどんな人?

純歌

仲本工事さんのお嫁さんは、純歌さんという演歌歌手をされている方です。

名前:純歌 さん(全芸名は、三代純歌さん)

生年月日:1968年2月29日

年齢:54歳(2022年10月現在)

出身地:高知県

馴れ初め:2006年に仲本工事さんが三代純歌さんの曲『恋待ちつぼみ』のプロデュースに関わったことがきっかけで出会い、6年の交際を経て2012年にご結婚されています。

仲本工事純歌

純歌さんは、現在は横浜でカレー店を営んでおり、夫の仲本工事さんもよくお店に訪れては、お客さまの接待を務めていた様子です。

純歌さんは、今年54歳には見えないほど、美しく若々しい見た目をしています。

その見た目も影響してか、仲本工事さんとの夫婦生活において、さまざまな噂を耳にしていますので、

そのあたりの事を調査してみました。

仲本工事さんとの夫婦生活は?

仲本工事純歌

2022年10月に仲本工事さんと純歌さんの不仲説が報じられました。

2021年の7月に、都内にある仲本工事さんの自宅からは離れ、横浜に移り住み、カレー店を開いていると言われています。

夫婦が別居生活になったことで、仲本工事さんは都内の自宅で一人暮らし、住宅内はゴミ屋敷状態になってると言われています。

しかも、別居の理由はカレー店を営むことだけではなく、純歌さんに別の恋人ができたのもあるとか言われています。

果たして、その真相はどうなっているのでしょう。

仲本工事さんはゴミ屋敷生活だった

仲本工事純歌

仲本工事さんは、目黒区にあるカラオケスナックを夫婦で営んでいて、その2階の部屋と1階部分で一人暮らしをしていたと言われています。

一人で暮らす部屋からはペットにしている犬や猫、小鳥など複数を飼育していて、そのペット達の排泄物の匂いが充満しており、ペットを世話するためのグッズなどがテーブルなどに積み上げられたりしており、ゴミ屋敷のような状態であったらしい。

昨年の7月には妻の純歌さんと別居していますが、別居前からそのような状態が続いていたようです。

仲本工事さんと純歌さんの別居の理由は

純歌カレー店

妻の純歌さんが別居になった理由は、横浜でカレー店を開くために横浜に移り住んだことが理由であると思われますが、

ある記事では、「純歌さんに新しい彼氏ができたから」と言われています。
しかし、その証拠や事実は不透明なので明らかな別居の理由かは分かりません。

ですが、仲本工事さんは純歌さんがカレー店を開いてからも、毎日にようにお店に訪れていたと言われていますし、カレー店に来店されたお客さまと仲本工事さんと純歌さんで一緒に記念撮影をする姿の写真が多く残っています。

夫婦の形はそれぞれなので、自分でやりたいことをしている奥様を、仲本工事さんは積極的に支えて、幸せに過していたのかもしれません。

純歌工事
純歌さんの後ろでくつろぐ仲本工事さん

実際に、純歌さんのカレー店は評判で、訪れたお客さんからは評判のようです。

釣りが趣味という純歌さんは、自分が釣ってきた新鮮な魚もカレー店で振る舞うことも多く、お客さんからは新鮮なお魚が食べられるカレー店としてとても好評です。

仲本工事

純歌さんのSNSにもよく仲本工事さんの姿が見られますし、
純歌さん自身が都内の居酒屋に訪れていることも多いような印象を受けますので、

都内の居酒屋と、横浜のカレー店と行ったり来たりの生活を送っていたのでは無いでしょうか。

【まとめ】仲本工事さんの嫁

仲本工事純歌

仲本工事さんと純歌さんは別居生活になってからもお仕事で一緒になることも多く、その楽屋内でも仲睦まじい様子が伺えていたと言われています。

夫婦仲は、決して悪くは無かったように思われます。

仲本工事さんが純歌さんと再婚された当時、仲本工事さんのお母様はご存命で、

純歌さんのことをとても気に入っていたと言われています。

仲本工事さんの母親から、純歌さんへサファイヤの指輪を贈っていたり、二人でよく食事に出かけることもあったようです。

そんな母からも好かれていた純歌さんのことを、仲本工事さん自身もとても愛していたことと思います。

この度の不幸な事故により、亡くなられてしまった仲本工事さんのことで、純歌さんも大変ご傷心のことと思われます。

事実と行き違いのある記事により、さらなる傷を負うことのないように、
静かに故人を偲び、穏やかに過ごせる時間を許して上げて欲しいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました